アップルのヒューマン・インターフェース・ガイドラインブランディングについての和訳です。

ブランディング

 ブランド化に成功するには、アプリにブランドアセットを追加するだけではありません。素晴らしいアプリは、スマートなフォント、カラー、画像の意思決定を通じて、独自のブランドアイデンティティを表現します。あなたのアプリに文脈を与えるために十分なブランディングを提供してください、ただあまり気にならないようにすること。

f:id:frmski:20181123145202p:plain:w500

洗練された、控えめなブランドを取り入れる

 人々は、広告を見るのではなく、楽しむために、情報を入手するために、または物事を完了させるためにあなたのアプリを使用します。最高の体験を得るには、アプリのデザインを通じてブランドを微妙に組み込みます。アプリアイコンに色を使用することは、アプリにコンテキストを提供するうえで便利です。

偉大なアプリケーションデザインの方法ではブランドを得ることはできない

 とりわけ、あなたのアプリをiOSアプリのように感じさせてください。直感的で操作が簡単で、使いやすく、コンテンツに重点を置いていることを確認してください。たとえあなたのアプリが他のプラットフォームで利用可能であっても、一貫したブランディングに集中することによってデザインが薄れないようにしてください。

ブランディング以上にコンテンツに従う

 ブランドアセットを表示する以外の何もしない、画面上部の永続バーを表示すると、コンテンツを表示する余地が少なくなります。代わりに、カスタムカラースキームやフォントを使用する、または背景を微妙にカスタマイズするなど、ブランディングを実装するための邪魔にならない方法を検討してください。

アプリ全体にロゴを表示する誘惑に抵抗する

 コンテキストを提供するために必要でない限り、アプリ全体にロゴを表示しないでください。これは、タイトルがより役立つナビゲーションバーでは特に重要です。

Appleの商標に関するガイドラインに従う

 Appleの商標は、アプリの名前や画像に表示されないようにしてください。 Apple商標の使用に関するApple商標リスト(Legal – Trademark List – Apple)とガイドラインLegal – Copyright and Trademark Guidelines – Apple)を参照してください。

ヒント
 App Storeは、あなたのブランドを強調するためのより多くの機会を提供します。ガイダンスについては、App StoreマーケティングガイドラインMarketing Resources and Identity Guidelines – App Store – Apple Developer)を参照してください。

ブランディングについてのまとめ

 「洗練された、控えめな」という点がAppleらしい。あくまで全体的な機能美やデザイン性を大切にして、個々のモジュールの組み合わせによる最低限でシンプルなiOSのデザインシステムを構築しているように思う。